Top > 注目 > 添加物や化学合成ビタミンが入っていない

添加物や化学合成ビタミンが入っていない

葉酸は子供を授かる前から摂取して妊娠初期まで継続的に摂取することが望ましいとされている栄養素です。

 

実際、先天性奇形を予防する効能が認められているんですね。

 

サプリから摂取する方法もありますが、ほうれん草、芽キャベツといったベジタブルにも豊富に含まれている栄養分なので、妊娠の初期段階では意識的に摂りたいものです。

 

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

 

ですから妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。

 

効率的な摂取のタイミングは、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

 

通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

 

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、避けた方が無難です。

 

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

 

具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

 

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

 

サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。

 

ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことがポイントです。

起立性調節障害 薬 副作用

注目

関連エントリー
添加物や化学合成ビタミンが入っていない施術料金はピンキリなので飲まれる方も多い社外の人間にはクライアントとして接する日頃の食事から変えていくどのくらい返済できるか故障でしょうか?バイタルアンサーを試したい